事例紹介

疾患と症例

にきび

原因

ニキビの始まりは毛穴の詰まりです。これがおきると皮脂が皮膚の下に溜まりそこにアクネ菌が増殖して炎症がおこり皮脂が周囲に漏れ出ることにより強い炎症が起きます。この状態がより強く起こるとしこり(硬結)や陥没、発赤が続きます。

治療

保険治療においては抗菌薬やビタミン剤の内服、抗菌薬の外用薬や近年治療法に加わったアダパレン(皮膚の代謝を促して余分な角質と毛穴の角栓をとる)などがあります。漢方薬も有効な場合があります。
自費治療ではやはり角栓を除去するケミカルピーリング、にきび跡の修正にVビーム、スペクトラなどのレーザー治療があります。

しみ

原因

一般にシミと呼ばれているものには色々な種類があります。代表的なものとしては紫外線による日光黒子、老人性色素班、女性に多い肝斑、雀卵斑(ソバカス)、脂漏性角化症、傷跡の色素沈着などがあります。

治療

上記のシミに対しては殆どの例でレーザー照射が有効です。当院ではシミ以外の皮膚にダメージを与えずに治療が可能なQスイッチレーザーを備えております。
その他にトレチノイン、ハイドロキノンの外用やビタミンC、トラネキサム酸の内服が有効です。美白に有効な成分(トランサミン、タチオン、ビオチン、ビタミンCなど)を配合した点滴も用意してあります。
肝斑については今までレーザー治療は禁忌でしたが最新レーザー(スペクトラ)の肝斑モードが有効であり当院でもこの治療方法を採用しております。

あざ

原因

大きく分けて茶色系のあざ(扁平母斑など)、灰色~青色のあざ(太田母斑など)、赤色のあざ(血管腫など)があります。
新生児~乳児の一部のあざ(イチゴ状血管腫、サーモンパッチ、蒙古班)は自然退色するものがあります。

治療

茶色、灰色~青色のあざはQスイッチレーザー(スペクトラ)が適しています。赤色のあざは色素レーザー(Vビーム)が適しています。当院では両方のレーザーを用意しております。
なお一部のもの(単純性血管腫、イチゴ状血管腫、毛細血管拡張症)については健康保険が適応されます。
しかし一部のあざは完治にいたらなかったり再発することもあるのでご注意ください。

アトピー性皮膚炎

原因

皮膚科を訪れる患者さんのなかでも多くの部分をしめる疾患です。ありふれれていますがその原因は複雑でまだ完全に解明されていません。周囲の環境に対して過敏にアレルギー反応を生じやすい体質の方に起こり皮膚の乾燥、発赤、強いかゆみ、皮膚の肥厚、粗造化が現れます。
またこうした方は喘息、花粉症などのアレルギー疾患を合併しやすいです。

治療

生活環境から原因となるもの(ハウスダスト、ホコリ、乾燥、動物の体毛など)を除くことが大事です。
その上で抗アレルギー薬、ステロイド薬、保湿薬などで症状を抑えていきます。
一般的に年齢が進むにつれて症状は改善してゆきます。

巻き爪

原因

巻き爪とは爪の両端の湾曲が強くなって周囲の皮膚を部分的に強く圧迫している状態を言います。
その原因は足全体の形状、体重のかかり方などが考えられます。
中には湾曲した爪の一部が皮膚にささり痛みが強くなったり(陥入爪)細菌感染をおこしてさらに症状が悪化(ひょうそ)したりします。

治療

巻き爪に対して当院では弾性ワイヤーを用いた矯正法を採用しています。この方法は短時間で矯正が可能でその日の内に痛みはほぼ消失します。この治療は自費になります。
陥入爪、ひょうその状態では爪の形成術や抗菌薬を中心とした治療を行います。これは保険が適用されます。

ほくろ

原因

正式には母斑細胞性母斑といいます。母斑細胞という正常に分化しなかった細胞による皮膚の変化です。基本的には両性の疾患でそのままにしていてもいいのですが母斑以外の病変が疑われる場合には切除の適応になります。また単に整容的な問題で除去を希望される場合もあります。

治療

ほくろの中には悪性のもの(基底細胞がん、有棘細胞がん、メラノーマ)との鑑別が必要なものがあります。この場合は液体窒素やレーザーで表面的な処理をするのではなく外科的に切除することが大事です。もちろん切除標本は検査をして診断を確定します。

脱毛症

原因

男性型脱毛症(AGA)では男性ホルモン(テストステロン)の変化したホルモン(デハイドロテストステロン、DHT)が毛母細胞に抑制的に働くことから生じます。この場合脱毛は主に前頭部と頭頂部に起こります。
女性の場合は全体的(びまん性)に毛量が減少します。内分泌異常や微量元素の不足で起こることがあり検査が必要です。
またストレスなどによりおこる円形脱毛症もあります。

治療

AGAではDHTを作らなくさせるフェスティナリド(プロペシア)の内服治療があります。6か月くらいは内服を続けてください。60~70%の方に効果がみられると報告されています。
女性のびまん性脱毛については内分泌異常があればその治療を先行します。原因が明らかでない場合は治療として当院ではプラセンタ、KGF(毛母細胞成長因子)、IGF(インシュリン様刺激因子)配合のKIPスカルプエッセンスをお勧めしております。
円形脱毛症では内服薬、外用薬に加え液体窒素治療も有効です。