投稿一覧【 2013年11月掲載分 】

アゼライン酸とにきび、酒さ

その他
更新日:2013/11/29
11月29日、金曜日、みなさんいかがお過ごしですか?
三鷹の皮膚科、はやしクリニック院長です。

本日はアゼライン酸について・・・

アゼライン酸をみなさんご存じですか?アゼライン酸は小麦、大麦、ライ麦などの穀物類に含まれる成分です。もともとは美白剤として開発されましたが現在は酒さやニキビに対して使われています。

ニキビに対しては毛包の角化を抑制して詰まりを抑え、皮脂の分泌を抑え、抗菌作用と色素沈着予防の効果があります。
アゼライン酸には催奇形性は認めていないので妊娠を希望している方にもおすすめです。

アゼライン酸のもう一つの効果は酒さ(いわゆる赤ら顔)にあります。
血管拡張型や膿疱型の酒さに対してレーザーや内服治療のほかにアゼライン酸の外用療法が効果的です。

当院ではアゼライン酸配合のクリーム「AZAクリア」をお求めになれますのでご利用ください。

HIVについて

その他
更新日:2013/11/27
こんにちは。11月27日水曜日、三鷹の皮膚科、はやしクリニック院長のブログです。

今朝のニュースでHIV陽性の献血血液が患者に輸血されその患者がHIVに感染していたとの記事がありました。
これは善意の献血システムを根底から揺るがす事件です。
日本の献血システムは各種の感染の検査を行って陰性のものだけを輸血の材料にしています。このシステムによりB型肝炎やC型肝炎のウイルスなどを排除しています。このことにより以前多く発生した輸血後肝炎は激減しました。

献血に際しHIVに関してはウイルス抗体価を測っているのですが感染後の6から8週目の間はウイルスが増加するが抗体価は上昇しないのでこの時期に献血をすると検査にひっかからないのです。この時期をウィンドウ期といいます。
献血に際しては問診をして過去6か月以内に複数の異性と性的接触があったかとか同性との接触がなかったかを聞いているのですがこれに正直に答えないと今回のような問題がでてくるのです。
このように個人の良心にだけ頼るのは非常に危険なことです。
検査の感度を上げるか直接にウイルス量を測ることが重要になります。

善意の献血システムを守るためにも早急な対応が望まれます。

女性ホルモンと皮膚

その他
更新日:2013/11/19
三鷹の皮膚科、はやしクリニックです。

今回は「女性ホルモンと皮膚」という内容のお話をしたいと思います。

女性ホルモンとは大きく分けて卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲストロン)になります。このホルモンは女性の場合ほとんどは卵巣から分泌されています。

1、 エストロゲン
エストロゲンは皮膚の老化を抑え、表皮細胞の増殖を促し、それにより傷の治りを早める方向に働きます。また、日光に含まれる紫外線や、種々の酸化ストレスによって表皮細胞が自然死することをある程度抑えます。
色素細胞に対してはそのメラニン色素の生成を促進します。そのためにエストロゲンが高値になる妊娠中では色素沈着や肝斑の発生が増えます。
真皮においては繊維芽細胞に作用してコラーゲンや酸性ムコ多糖やヒアルロン酸などの水分保持にかかわる物質を増やします。こうして皮膚の厚みを増しうるおいを保持するのです。
また傷の治癒に関しては血管の再生や皮膚の再上皮化を促します。これらの作用により妊娠中にはクモ状血管腫などの症状が現れます。

2、 プロゲステロン
プロゲステロンは皮膚に付属している皮脂腺に作用して皮脂の分泌を促します。プロゲステロンは月経前に多く分泌されるのでこの時期には皮脂の分泌が亢進し毛穴に詰まりやすくなりニキビが悪化しやすくなります。
また真皮の繊維成分を増やす作用はエストロゲンと一緒です。


3、 その他アンドロゲンについて
アンドロゲンは男性ホルモンですが女性も副腎という器官から分泌されています。
アンドロゲンは皮脂腺の文化、皮脂の分泌、面皰(コメド、ニキビの赤くなっていない状態)の形成を促します。

以上、特にエストロゲンは皮膚の健康に特に大事であることがわかります。
更年期を迎えて急速にエストロゲンの分泌が減少するとさまざまな皮膚トラブルが起こるのです。女性の年齢に沿った皮膚のケアが重要になることが分かると思います。
皆さんこんにちは  はやしクリニックの林です。

今回はレーザーのお話、特に色素レーザーの治療について

現在、赤に代表される血管病変に対応する治療のゴールドスタンダードは色素レーザー
(ダイレーザー)です。
波長595ナノメートルのレーザー光には血液中のヘモグロビンに吸収されやすいという大きな特徴があります。これにより病変部分のヘモグロビンが熱吸収をおこし間接的に血管に熱が発生します。その結果血管の細胞が変性をおこし線維化して細くなります。

具体的には血管腫、毛細血管拡張、赤ら顔、ニキビあとの赤み、酒さなどに効果があります。また照射部分を圧迫してヘモグロビンを追い出して照射すると褐色のしみにも効果があります。

当院で採用しているキャンデラ社のVビームは最新の色素レーザーで皮膚表面の冷却装置(DCD)を内蔵し照射時の皮膚の負担を軽減しています。
また照射時間を変更することでいろいろな太さの血管に効果的に治療が可能になっています。もちろん皮膚の活性化を促して小じわを改善しきめを細かくするといったアンチエイジングの効果もあります。

お問い合わせは院長まで。

Lカルニチンとαリポ酸

美容
更新日:2013/11/18
皆さんお元気ですか?
三鷹の皮膚科、はやしクリニックのはやしクリニックです。
本日はL-カルニチンとアルファリポ酸についてお話します。

L-カルチニンは、もともと体内で作られていて、脂質代謝を行う成分とされています。年をとったり、生活環境によって不足しがちになるといわれているアミノ酸の一種です。
おもにダイエットへの効果を求めて摂取しています。
しかし、L-カルチニンを摂取するだけではダイエット効果は望めません。
また、運動能力の向上を期待して摂取する方もいますが、これに関しては意見が分かれています。

αリポ酸は、クエン酸サイクルという代謝にとって最も重要な生化学回路で、効率の良いエネルギー生産を行い、アミノ酸を生成します。
おもにブドウ糖の消費率がアップされるので、ダイエットカロリーコントロールが期待されるここと、活性酸素が抑制されることによる老化防止が期待されます。

結果としてですが、筋肉増強による基礎代謝のアップと、活性酸素抑制によって、若々しい肉体をより長く保つ効果があるといえます。

当院では以上の効果を期待してカクテル注射をしております。
詳しくは院長まで。

シミに効くレーザー

美容
更新日:2013/11/15
こんにちは
三鷹の皮膚科はやしクリニック院長のブログです。

今回はシミに効くレーザー治療についてお話します。

いわゆるシミと言われているものには老人性色素班、脂漏性角化症、雀卵斑(ソバカス)肝斑、扁平母斑、太田母斑、遅発性太田母斑様色素班などがあります。

このうち肝斑、扁平母斑についてはレーザーが効きにくい、または再発が多いといわれその適応については十分な注意が必要です。
それ以外はQスイッチレーザーが有効です。このレーザーにはルビー、アレキサンドライト、ヤグの3種類がありますがいずれも有効です。
一般に数回の照射が必要になることが多いです。

肝斑については一般にレーザーは無効か再発が多いといわれてきましたがQスイッチヤグレーザーを低いパワーで多くの回数照射することで肝斑に有効との報告が多く上がっています。当院でもこの方法でレーザートーニングと称して患者の皆様に提供しております。
また肝斑は紫外線の影響を多く受けるので日焼け止めは欠かせません。

そのほかよく質問を受けるのが下眼瞼のくまです。これは真皮メラノサイトーシスという太田母斑の特殊型のことがありこの場合はQスイッチレーザーが有効です。

そのほかにも酒さ、血管腫に有効な色素レーザーも当院にはございますのでお悩みの方は院長までご質問ください。

更年期の皮膚症状

その他
更新日:2013/11/15
こんにちは
三鷹の皮膚科、はやしクリニックの林です。
今回は更年期の皮膚症状についてお話します。

更年期は性成熟期から老年期への移行期を指し、閉経前後の10年間に相当します。
この時期卵巣の機能低下のよって卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が減少し、自律神経を中心としたいろいろな体調の変化がでてきます。
のぼせ、発汗、ほてり、動悸、めまい、不眠、抑うつ気分、イライラ、易疲労感などが典型的な症状です。このうち皮膚に関連した症状についてご説明します。

1. 湿疹
過度の洗顔による乾燥や化粧品によるかぶれが多くみられます。クレンジングの方法や洗顔の回数を考えることも必要です。
2. 口囲皮膚炎、酒さ様皮膚炎
過度の保湿の結果やステロイド外用の副作用として起こることがあります。特に酒さの場合はレーザー治療も有効です。
3. 皮膚掻痒
ほてり、発汗などにより起こることがあります。また萎縮性膣炎による外陰部の痒みにはホルモン補充療法や女性ホルモン外用剤も効果的です。

以上更年期の女性には各種の症状が出現するためにきめこまかな治療が必要になります。
婦人科との連携も必要になることもあります。

冬の風邪

季節の症状 秋~冬
更新日:2013/11/15
皆様、お元気ですか?
三鷹の皮膚科、はやしクリニックの院長、林です。

急に寒くなり風邪も増えてきましたね。
風邪の原因ウイルスとしてはインフルエンザウイルスのほかにライノウイルス、RSウイルス、パラインフルエンザウイルス、アデノウイルスなどがありいずれも喉の痛み、咳、発熱などの症状がでます。インフルエンザノ場合は関節痛などの症状もでますね。
このうちワクチンが利用できるのはインフルエンザのみです。
いずれも冬の乾燥した空気の元では空気中に飛散して感染をおこしやすくなっています。
室内の加湿と外ではマスク、帰宅後はうがいの励行が必要です。

当院では現在インフルエンザのワクチン接種を行ってあります。ぜひご利用ください。

体調に気をつけて健康にお過ごしください。

高齢者の肺炎について

季節の症状 秋~冬
更新日:2013/11/13
こんにちは

三鷹の皮膚科、はやしクリニック院長、林です。

昨日のテレビで高齢者の肺炎の意外な原因について放映がありました。

誤嚥性肺炎の原因を微小な脳梗塞に求めることのよしあしは別として高齢者の嚥下機能の低下には注意が必要ですね。

自分の嚥下機能を知って訓練によって改善を図ったり食事方法を考えたりすることは重要ですね。

あとインフルエンザや肺炎球菌のワクチン接種もぜひ行ってください。

以上三鷹の皮膚科、はやしクリニックの院長、林からお話しました。

皆様、風邪など召しませぬように、健康でお過ごしください。


プチ美容整形について

美容
更新日:2013/11/11
今回はプチ整形について

今日、プチ整形といわれているものには切らないクイック二重、ヒアルロン酸による隆鼻やシワ治療、ボトックスによるシワや小顔治療、メソセラピーによる脂肪溶解、糸のによるシワのリフトアップなどがあります。

いずれも皮膚の切開をしないので腫れが少なく術後の傷の問題もありません。

すべて当院で承ります。

まずはカウンセリングから。

女性のびまん性脱毛

その他
更新日:2013/11/11
本日は女性の髪の悩みについてお話します。

円形脱毛症など特別な病気は別にして女性特有の悩みとして頭髪全体が薄くなってゆく
状態があり、これをびまん性脱毛といいます。

原因としては加齢、貧血、内分泌疾患、ストレス、薬の副作用などが考えられます。
貧血、内分泌疾患は血液検査で判明します。とくに甲状腺の機能低下は女性に多くみられます。この場合は頭髪の症状のほかにむくみ、冷え、倦怠感などの症状を伴います。
薬の副作用の代表は抗ガン剤です。

加齢のよる場合はおうおうにして女性ホルモンの低下を伴います。相対的に男性ホルモンが優位になり脱毛が進行します。

以上をふまえてどのような治療があるでしょうか?

まず頭皮の血行をよくすることを考えます。これはリアップを中心とした外用薬があります。女性には1から2%のものを使用します。
本来は円形脱毛症に使うものですがフロジン液も血行促進効果があります。
成長因子配合の外用液もあります。

マスコミにはいろいろなコマーシャルがありますが本当に効果のある方法をご紹介します。

皮膚の保湿について

季節の症状 秋~冬
更新日:2013/11/06
秋から冬になり湿度が低下してくるとともに皮膚の水分が奪われていきます。
その結果、アトピーの方は湿疹が悪化し、痒みが増加し、それ以外の方もシワの増加などの症状がでてきます。今回は皮膚の保湿についてお話します。

保湿剤の種類

1.尿素製剤(ケラチナミン、ウレパール、パスタロン)

  尿素は水分を結合する性質があり高い保湿j効果があります。掻き傷の部分では多少刺激があります。
  手のひらや足底などに向いています。

2.ヘパリン類似物質(ヒロドイド、ビーソフテン)

  難しい名称ですが皮膚科領域の保湿剤としてよく処方されます。べたつきが少なく使用感がよいです。
  皮膚の刺激感も少なくひどい湿疹以外にはすべて使用可能です。

3.ビタミンA,ビタミンE含有剤(ザーネ軟膏、ユベラ軟膏)

  手湿疹、手荒れに有効

4.その他(プロペト、ワセリン、アズノール軟膏)

  刺激が少ないのが特徴でひどい湿疹やジクジクした状態でも使用できます。保湿効果と皮膚の保護効果
  を同時に持っています。

以上のように各種の保湿剤がありますので主治医の指示に従って使用してください。

あと健康保険では処方できませんが効果的な保湿剤をとしてセラミドがあります。

セラミドについて

   セラミドは細胞間脂質といって皮膚の細胞と細胞の間を埋める作用をしています。
   皮膚のターンオーバーのしたがって皮膚表面に近づくと細胞の表面で保湿効果をだします。
   天然セラミドは高価で花王が合成のセラミドをキュレルとして販売しています。

最後にヒアルロン酸についてご説明します。

   ヒアルロン酸は当院では通常注射として使用します。その注射をしているとまず感じるのは
   皮膚のうるおいです。
   このヒアルロン酸を保湿剤をとして配合しているのが当院お勧めのフェイスミルクです。
   さらにナノテクノロジーで細かい粒子にしてあるので皮膚からの吸収が抜群です。

こうした保湿剤は使用するタイミングが大事です。
それは入浴直後です。皮膚の水分がなくならないうちに使用することで最高の効果をだすのです。

乾燥した季節を適切な保湿剤で健康な皮膚を維持しましょう。

  
今回は当院で今月のキャンペーンをしておりますヒアルロン酸とボトックスについてご説明します。

まずヒアルロン酸について。

ヒアルロン酸は皮膚(真皮)の重要な成分です。皮膚の強度はこのヒアルロン酸とコラーゲンで構成されて
います。例えて言うとコラーゲンが鉄筋でヒアルロン酸はセメントです。
シワは皮膚の陥凹であるのでこの部分にコラーゲンやヒアルロン酸を注入して持ち上げてくることでシワを
目立たなくする治療です。コラーゲンも有効なのですがアレルギーを起こすことがあるので最近はもっぱら
ヒアルロン酸を利用しています。
代表的な治療部位は額、眉間、目尻、ほうれい線などです。
ごく細い針を使用して注入します。ご希望の方には麻酔のクリームを使用します。
直後は注射の刺激で多少の赤みがでますが翌日には消失します。また翌日よりお化粧可能です。
浅いシワならばこの方法で簡単に解消できるのでお試しください。

次にボトックスについて

ボトックス、正式にはボツリヌス毒素といいます。これはボツリヌス菌という細菌のもつ毒素です。
この物質には神経と筋肉の接合部位をブロックするという働きがあります。
もちろん注射した部分の筋肉にしか効かないように調整してあります。
当初は顔面の痙攣を止める際の治療方法として使われていましたが顔の表情ジワの改善に効果が
あるので最近はこの方面での使用が増えてきました。
特に効果的なのは眉間、額、目尻、唇、口角、頸部、などです。
このほかマイクロインジェクションといって顔全体の小じわに効果を出したり、鼻の横ジワ、ガミースマイル
目立つ鼻の孔などにも応用できます。
さらに脇の汗を少なくする効果もあります。
このようにいろいろな効果のあるボトックスですが、経験のない医師ですと効果を出すべき筋肉に効果が
出なかったり効果を出しすぎて結果に問題がでたりします。ボトックスの製造会社であるアラガン社が
医師対象に講習会をひらいています。このような会で研修を積んだ医師のもとで受ければ安心です。

以上お読みいただきありがとうございました。